むし歯治療

虫歯は早期発見・早期治療が基本です

虫歯は一度進行すれば、もとには戻らない病気です。ごく初期の虫歯ですと再石灰化が期待できますが、ある程度進行すれば歯科医院での治療しかありません。もし、治療をしないでそのままにしておくと神経を抜く抜髄を行います。最悪の場合は抜歯に至ります。貴方の歯を守るためにも、虫歯は早期発見・早期治療が良いのです。(場合によっては早期発見・要観察のときもあります)

きれいで自然な歯の修復

保険治療では出来ない美しさと耐久性

保険で行う治療は、虫歯などで欠けてしまった部分を元の形に戻し、噛む機能を回復することが優先されます。そのため詰め物の場合、かつての保険治療では、銀色の詰め物(パラジウム)を入れて修復していました。

現在では歯の色に近いレジン(樹脂)が主流です。しかし、このレジンは周りの歯の色に合わせることが難しく、時間とともに収縮や変色が起こるという欠点があります。

保険外の自費の治療でしたら制限なく、様々な材料を使用できますので患者さんのニーズに合わせた修復が可能になります。

例えばセラミックでしたら、色を周りの歯に合わせることができ、レジンのように収縮も起こさず、耐久性も高いので満足度の高い、美しい仕上がりが得られます。