むし歯治療

虫歯は早期発見・早期治療が基本です

虫歯は一度進行すれば、もとには戻らない病気です。ごく初期の虫歯ですと再石灰化が期待できますが、ある程度進行すれば歯科医院での治療しかありません。もし、治療をしないでそのままにしておくと神経を抜く抜髄を行います。最悪の場合は抜歯に至ります。貴方の歯を守るためにも、虫歯は早期発見・早期治療が良いのです。(場合によっては早期発見・要観察のときもあります)

きれいで自然な歯の修復

保険治療では出来ない美しさと耐久性

保険で行う治療は、虫歯などで欠けてしまった部分を元の形に戻し、噛む機能を回復することが優先されます。そのため詰め物の場合、かつての保険治療では、銀色の詰め物(パラジウム)を入れて修復していました。

現在では歯の色に近いレジン(樹脂)が主流です。しかし、このレジンは周りの歯の色に合わせることが難しく、時間とともに収縮や変色が起こるという欠点があります。

保険外の自費の治療でしたら制限なく、様々な材料を使用できますので患者さんのニーズに合わせた修復が可能になります。

例えばセラミックでしたら、色を周りの歯に合わせることができ、レジンのように収縮も起こさず、耐久性も高いので満足度の高い、美しい仕上がりが得られます。

歯を抜くことは悪?

結論から言います。虫歯も歯周病も痛くありません。虫歯は痛いもの、歯周病は歯がグラグラする病気、というのが一般的な常識でしょう。しかし、一般的な常識の中には正しいことも多くある反面、その反対のことが含まれていることも事実です。誰だって、痛い思いはしたくないのは当然です。かくいう私など酷いもので、風邪をひいても薬局で薬を買いますし、「魚の目」で苦しんでいるのに、やはりイボコロリを塗ってガンバッテいます。でも良くなったり悪くなったり、で、埒があきません。それはともかくとして、痛い思いをしたくない方には朗報があります。誰でも知っている早期発見、早期治療です。そんなこと言われなくてもわかってらぁ~、というのもわかります。イボコロリでガンバッテいる私の言うことは信じられないかもしれませんが、それはそれとして、職業上の責任として言わせてもらえば、それしか方法がないのです。痛いのが虫歯、という見方は、裏を返せば痛くなければ虫歯ではない、あるいは、歯がグラグラしなければ歯周病でない、ととれなくもありません。これは人間の防衛本能からくるのかもしれません。毎日の診療の中でよく聴くのは、「何日か前に痛かったのですが、イマハイタクアリマセン。」と、その部分だけ大きな声で言う方がいます。その方の気持ちは痛いほど理解できますから、もう一度と聴き直すと、「全く痛いわけではないのですけど、噛むとチョット痛いです。でも前のような痛みではないです。」

“それは治療しなくてはいけないだろうが、そんなに大げさなことになりたくない”という心理の様で、私にとっては他人事とは思えないのです。そこで神対応「それじゃぁ、様子をみましょうか。」と言えば、「そうしてください。」という人と、「やっぱりちゃんとしてください。」という2種類の方がいらっしゃる。イボコロリ人間としては、様子を見ましょうかと言ってもらえれば、すぐ、そうしてくださいと言うことは間違いありません。しかし、私の本心を言いますと、自分がこのような人間なので、「治療をしてください」と言う方々には、本当に尊敬の念を持つのです。自分には出来ないことなのです。先日、親しい友人(歯科医)と食事をした時に、彼の方からそのことを言い出しました。同年の友人は、口の中の状態が悪くて、もろ限界に来ているとのことでした。それで言うのは、「治療に来る人々には、立派な事を言うけど、自分はこうなった。」と本心をのぞかせたのです。ではあるのですが、私は言わざるを得ない立場にいます。早期治療をするべきだと。早ければ早いほどいい結果になるのは当然のことです。「様子を見る」という便利な言葉があります。勿論私どももこの言葉を使います。しかし、悪化の方向に向かっている病気については、その言葉は禁句なのです。歯科の治療の多くは、不可逆的で、一度、その病にかかると治る、ということはほとんどありません。ただ、ただ破壊への道を歩くことになります。歯科の病気の大半は細菌によるものです。細菌は目には見えませんから、その概念は持ち辛いのです。実際に、黒い尖がった帽子を被り、タイツを穿いて、槍を持った微生物が、目には見えないけど口の中には無数にいるのです。これが虫歯の原因菌であり、歯周病(歯槽膿漏)の原因菌なのです。こんなことは子供の頃には皆知っていたことなのですが、大きくなるにつれて忘れてしまうのです。

虫歯菌は、酸で歯の表面を溶かします。硬いエナメル質を溶かしだすと、その勢いは加速して、エナメル質を破壊して象牙質に達します。象牙質の表層部まで進行しても、ほとんどの場合、痛みはありません。歯の中心部には、歯の相似形の歯髄腔(しずいくう)という空洞があります。この中に、神経組織が入っているのです。これは健康であれば、パンナコッタのように白くて、プリプリとした軟組織なのですが、ここに虫歯が近付いてくると、充血が起こります。歯髄充血が起こると、更に進んで歯髄が死ぬことになります。死ぬ前の歯髄が、痛みの原因となるのです。この状態を専門的に言うと、歯髄炎(しずいえん)という名称になります。こうなると痛くてガマンができなくなって、治療にみえることになります。しかし稀に、この状態まで進行しても、痛みがない方がいらっしゃいます。いずれにしても、このあとは肝心の歯髄が死んでしまっていますから、痛みはありません。

ということになります。

じゃあ、歯髄が完全に死ぬまでガンバロウ!などと思ってはいけません。次のステージは、歯根膜炎(しこんまくえん)です。歯根膜炎と歯髄炎とは、なんか似ているように見えるのですが、歯根膜炎という聞き慣れない病名はなんなのでしょうか。そもそも歯根膜とは、一体何者なのでしょう。これを文字の上で説明すると、歯根膜に起きた炎症ということになります。では歯根膜というのは何か。歯根(しこん)というのは歯の根のことです。それに膜という字がついているのですから、歯の根の膜ということです。

歯の根の膜??

そうです、歯根膜です。これは歯の根の表面(セメント質)と顎の骨(歯槽骨(しそうこつ))を縦横無尽に結びつけているコラーゲン繊維なのです。レントゲンを撮ると、根と骨の間に膜状に写ることから歯根膜と呼ばれます。この膜に炎症が起きるわけですから、噛めば痛いし、歯が浮いた感じになるし、重症化すれば、歯肉が腫れあがって激痛になります。最悪の場合、歯を抜くことになります。その前に虫歯が進行して神経をやられて、神経を抜くという行い自体が良くない事は、言うまでもありません。何しろ生きている組織をとるということが、まず問題なのです。なぜかといえば、生きている歯を死んだ歯にしてしまう。歯根膜炎のことが先になってしまいましたが、その前段階のこのことが、まず良いわけがないのです。神経のない歯というのは、栄養が足りない歯なので、歯が割れてしまうことがあるのを知っているでしょうか。どちらにしても、歯の神経にまで達する虫歯というのは、こんなわけで悪い事なのです。しかし痛みが出てしまえば、ほとんどの場合こういう治療になるわけです。このような理由で、“痛い歯”というのはかなり虫歯が“進行した歯”ということなのです。虫歯は痛い、というのははっきり言ってウソであることは理解して頂けると思います。痛いのが虫歯だから治療に行こうというのは、とても手遅れの状態ですから、虫歯は痛くなる前に治療しなければいけないのです。虫歯を放置して、歯が腐るのを待っていると、今度は顎の骨に影響が出ます。顎の骨は数年のうちに溶けてきて、骨の中に空洞を作り、膿や血が溜まってきます。こうなると口の中に細菌や、細菌の死骸が出てくるのですから、これを飲み込んで良いわけがない。最近ではこれらのものを飲み込むことによって、全身への影響を問題視されているのです。

歯周病の話をします。いままでの話との関連で、顎の骨が溶けるというのは、虫歯の最悪の状態と変わりませんが、歯周病(歯槽膿漏)の方はもっと性質が悪い病気です。なぜ虫歯よりも性質が悪いのでしょうか。痛みがないからです。ですから。これほど性格の悪いものはありません。一般的にいえば、虫歯は悪い、がまだ自己表現するだけ可愛いですが、歯周病は根暗で極悪人で始末に負えないのです。ここで立ち止まって、冷静にこの2つの病気を考えてみましょう。虫歯を放置していて歯が腐っていったとします。通常では、歯の頭の部分から進行して、神経を侵してしまったとしても、口の中には28本の歯があるわけですから、それら全てを破壊しつくすのには相当な時期を要するはずです。加えて痛みが伴いますので、歯科医院に行かないわけにはいかないのです。歯周病は痛みがないのですから、本人の自覚がありません。(例えばこんなことはよくあることですし、無責任な周囲の人々は多くいるものなのです。)

快適な生活を送っていますが、特にどうということもない。ある日、歯ブラシに血がついてきました。恐ろしい事を先送りするのが我々人間ですから、チョット血が出たなぁ~、と軽く受け流します。また、慣れるのが人間ですから、今度は少しくらい出血しているのが当たり前という感覚になります。というより痛くないのですから、少し出血するけど大丈夫だァ~、という勝手な判断に入り込みます。2年経っても、3年経っても痛くないし、出血が止まることもあるので、治ったと思い込みます。またある日出血がありますが、いつか止まるさと思っていると、本当に出血しなくなりました。6年、7年が過ぎる頃、“あれ”と鏡の中を覗き込みます。チョット待てよ、なんだか歯が長くなったなぁとか、歯が出てきたなぁと思いますが、気のせいにされて数年経つと、どうも歯が動いてきたように思いますが、痛くないので、まぁいつか歯医者に行ってみようか程度の気持ちにはなります。ある日突然恐ろしい事態に直面します。歯の揺れがあちこちに見られるようになりました。それに痛くて、噛めなくなったのです。驚いてレントゲンを撮ると・・・。「これは、歯周病が進行していますねぇ。」とは言われますが、どうするとも担当医師は言いません。「まぁ、歯科衛生士さんにスケーリングとか、歯の周りの汚れをとってもらって、様子を見ましょう。」と言われます。ほっとして、やはり自分の判断は正しかったことを思うのです。そういえば、友人も近所のおばさんも、皆口を揃えて、「歯なんて抜くもんじゃない。」と言いますし、自分もそう思います。そこで全員の意見がピッタリと合うことになります。正しかったのです。更に数年が経ちました。グラグラになった自分の歯は、物を噛めなくなりましたし、歯もずっと長くなってしまいました。さて、この歯が動くということと、歯が長くなったことは関係があることがわかるでしょうか。

つまり、歯が動くというのは、骨が下がる(溶ける)

ことによって、歯の支点が根の先端に移動するために起こります。もちろん骨が溶けるのですから、その上の歯肉も共に下がるか、歯肉だけが残って深いポケット(ブヨブヨになった歯肉がそのまま残るので、骨との間に5ミリから10ミリの深い溝が残った状態)になります。ちょっと見には、歯肉が下がると惨めな結果になって年を取ったなぁ~と感じられるかもしれません。しかしです。若く見える(歯肉が下がらない)方が実のところかなり危険なのです。歯周病も、歯周病菌によって引き起こされるのですが、この菌、とても嫌なヤツなんです。というのは、嫌気性菌(けんきせいきん)といって、空気が嫌いな菌なのです。更に温度は37℃が好き(口の中は37℃)で、暗いところが好きで、栄養のあるところが好きですから、繁華街にいる不良のようなヤツらなのです。糖分を得て力をつけ、無数の歯周病菌は活躍します。この不良どもは、自分の好きな条件に向かって行進します。そうです、深いポケット(歯と歯肉の間の溝)に侵入すると、我が意を得たりと、どんどん深化していきます。浅いポケット(数ミリ程度)ならば、歯石を取ったり、プラーク・コントロールを行ってもよいのですが、深いポケットになるとこの程度のことでは全くとは言わないまでも、期待する効果は得られません。そうこうしているうちに、彼らは自分たちの住みやすい環境を作り上げていくのです。骨が溶けることも比例していきます。もうこうなると生半可な治療では追いつかないことになります。

もう一度言います。

歯周病菌は歯の周りにとりつくばい菌なのです。菌が歯の周りにとりつく病気だから、歯周病なのです。もう少し言うなら歯自体は全く綺麗な状態でも、歯の周りの組織が破壊される病気なのです。様子を見るということは、歯周病菌に活躍の場を与えることにもなりかねません。歯周病と一口に言っても、いくつかの病態があります。強烈に骨を破壊していく、特殊な歯周病菌がいます。このタイプの菌は、自分の周りにバリアーを作って、我々の体からの攻撃を防ごうとします。ということは歯周病菌の思うようにされてしまうというわけですから、歯槽骨(歯の生えている骨)などひとたまりもありません。こんな組長クラスの細菌に対して、ブラッシングはしないよりはした方が良いですが、そんなレベルではすまないのです。

江戸時代の歯科医療は、歯を抜くことと、入れ歯を作ることでした。現代からは考えにくいのですが、大道芸人と同じように街の中で「歯抜き屋」という仕事をしていたといいます。「歯抜き屋」で抜かれた歯のないところには、主に“柘植”という木を使った入れ歯を入れていたのですが、現在博物館に残されているものを見ると、部分入れ歯もありますが、“総入れ歯”もかなりあります。ここで現実的に見てみると、名人の「歯抜き屋」がいたとしても、麻酔なしで顎の骨の中にガッチリくっついている歯を抜くことができるかという疑問が出てきます。麻酔がある現在でも、顎の骨にしっかりくっついている歯を抜くことは、易しいことではありません。一方、総入れ歯が多くあるということも事実ですから、全ての歯がなくなっていることも、また、事実なのです。いくら忍耐強い人でも、28本もの歯を全て抜くというのは、現実的ではありません。というより、とても痛くて、28回もそれに耐えられるとは考えづらいのです。となると、全ての歯がグラグラしてきて、歯の周りの骨が溶けて、結果、歯肉にくっついているだけの歯である、という条件なら「歯抜き屋」でも歯を抜くことができます。こんな状態なら何本まとめて歯を抜いても、ほとんど痛みはありません。少しぐらいの痛みはあるかもしれませんが、それも一瞬のことです。でもこういう歯はほおっておいても勝手に抜けます。気の強い人なら自分でも抜けるのです。それじゃぁその時まで待とう、というのも一案ですが、そうは問屋が卸しません。なぜなら、歯の長い根が抵抗もなく抜ける、ということは、歯の周りの顎の骨がなくなったという証明になるのです。それは顎の骨(土手)がなくなるのですから、インプラントなど現代の歯科医療が受けられない、のみならず、入れ歯ですら入れられなくなるということです。いや正確に言いましょう。入れ歯は入れられるのですが、痛くて噛めない、あるいは入れ歯との間に物が入り込んでしまって、苺すら噛めないことになります。更に総入れ歯(歯が全くない状態)になると、入れ歯が顎に吸い付かなくなって、年中、パカパカの入れ歯が出来上がります。こういう状態になると、どんな名医が治療しても思うような結果にはなりません。だって、吸い付かせて固定させる総入れ歯には肝心の、土台(土手)が失われているのですから。こうなると、インプラントもダメ、入れ歯もダメということになるのです。インプラントが入れられないことは、あまりありません。が、骨が無くなってしまえば、物理的にいれられません。骨が無くなった下顎には、太い神経が通っていますから、無理にインプラントを入れれば、この太い神経に触れて痺れの原因になります。もし早いうちにどうしようもない歯を抜いていれば、こんなことにはなりません。もちろん、抜く必要がない歯を抜くなど、極悪非道の歯周病菌と同レベルですが、まともな治療では考えられないのです。私がこの文章を書いている2日前、8年ぶりに治療に来られた方がいました。とても気さくな女性なのですが、我々の診療所がある地域から1時間ほどの所に引っ越されたと言います。彼女がこう言いました。

ウチの傍に歯を抜かないで有名な歯医者があるんですよ。でもねぇ、とにかく遠くから来るんだから、チャントやって下さい。

私は8年ぶりにいらした彼女にも好感を持ちましたし、ハキハキと自分の意見を言ってくださることにも昔を思い出しました。しかし、私の頭の中に残ったのは、それだけではありませんでした。「歯を抜かないで有名な歯医者さん」、このフレーズは1週間ほどの間に、すでに一度きいていたのです。

江戸時代の人々をあまりバカにはできないのです。彼らだって、精度の高い顕微鏡を持っていたら、歯周病の治療法を確立したかもしれず、抜けたところに入れ歯を入れるだけの原始的な治療法を取らなかったはずです。しかし残念ながら現代の歯科医療というのが、江戸時代のそれとあまり変わりがないというのも私の意見なのです。なぜなら、歯科治療のほとんどが細菌(バイキン)との戦いである、ことを治療する側もされる側も理解できていないのです。でも我々は迷信にもならない勝手な思い込みに、大切な口腔内を任せるわけにはいきません。そこで口腔内をチェックして、残せる歯、未定の歯、残せない歯という仕訳を行います。これは、虫歯、歯周病の程度、について行います。実のところこの診査、診断能力というのが、最も難しい判断になるのです。ここで僅かでも狂いが出ると後々まで支障が出てしまいます。更に歯周病に限って言うなら、この治療というのが、患者さんの協力が得られるかどうかも大きなポイントになります。どういうことかといえば、歯周病の治療は特に、日々の口腔内の清掃に依るところが大きいからです。ですから、清潔を保てない方には、残念ながら治療の結果に責任を負えないということになります。目に見えない細菌というのは、いつの時代でも厄介なものですが、それがイメージできることが後の健康の重要なファクターになるのです。金属冠を被せたり、あるいは歯の中にものを詰めたら治療が終了したと思う意識が、実はとても危険であることが、今までのことから理解されるでしょうか。歯周病は完治することはないのですが、その進行を止めることはできます。その為には、我々以上に患者さんの細菌に対する意識が絶対に必要です。同じように虫歯で金属冠を被せたり、金属をはめ込んで一応の治療は終わりますが、その金属冠の周り(歯と冠の間)に汚れ(細菌の塊)、つまりプラークが付着したままにしておけば、今度は新たな虫歯が発生するのです。どちらにしても歯の周りについた細菌は悪魔なので、これを絶滅させるためには汚れを取る以外方法はありません。なんとこのプラークという悪魔は時間をコントロールするのが得意なのです。人間の意識をコントロールする悪魔は、すっかりと我々に付着して、衛生という意識を混濁させるのです。そして我々に憑りついた悪魔は、「このくらいだったら、まぁいいっかァ~。」という言葉を口から吐き出させるのです。