歯周病治療

こんな症状でていませんか?

30代以上の成人の80%は歯肉炎や歯周病などを罹患しているといわれています。当医院では歯周病の治療ともに歯周病予防にも力を入れております。

  • 歯磨きをしたら血が出ている
  • 口の中がやけに粘つく
  • 歯がぐらついている
  • 歯が伸びたように感じる

このような症状が見られる場合は歯周病や初期の歯肉炎の可能性があります。歯周病や歯肉炎は早めの治療が大切です。気になるかたは是非ご相談ください。

歯周病の進み方

第1ステージ

もともと、歯の周りには歯周ポケット(歯と歯ぐきのすきま)が存在します。
すきまが1mm~2mmくらいの深さだと、ハブラシでも食べかすなどが取り除ける範囲です。
この段階は病的なものではありませんが、食べかすなどが長く停滞すると、歯周炎・歯肉出血などをおこします。
この時点での症状 : 特に無し

第2ステージ

第1ステージの状態から歯みがきをおこたると、食べかす等がポケットに停滞して
歯周ポケットが深く(3mm~)なっていきます。
この時点での症状 : 歯ぐきから出血する、口臭がする、歯がむずがゆい

第3ステージ

第2ステージの状態からさらに放置すると、回りを支える骨がとけてきて、歯が動いていきます。 また、歯ぐきが下がり、根の部分が出てきて、歯が長くなったように見えます。
この時点での症状:歯がぐらつく、噛みにくくなった、すきっ歯になった

第4ステージ

第3ステージの状態からさらに進行すると、歯は限界です。
動くことにより痛みが生じ、抜歯が必要な状態となります。
この時点での症状:歯がぐらぐらして噛むと痛い、歯ぐきがはれた

歯を抜かない方がいい?それとも命を失った方がいい?

歯周病(歯槽膿漏症)という名前は、最近よく聞くのではないでしょうか。でも、肝心の歯周病というのが、どんな病気か分からないと皆さんおっしゃいます。ある程度の年齢の方には、歯周病というのは昔の歯槽膿漏ですよ、と言うと、ああそうかと言います。
私が大学で使用していた本には、「新編歯槽膿漏症の療法」というタイトルが堂々と記されています。この本は1971年の出版です。私としては“虫歯は痛くない”と書いたばかりで気が引けるのですが、更に歯周病は“命に関わる病気です”と言うと、何言ってるんだァ~~、と即座に反論されるかと恐れているのです。それに、歯科医療の中で最も変化した学問としても、歯周病は1、2を争う分野なのです。

現在でも歯周病の原因は何か、という最大重要事について、かなりピントがずれた答えが返ってくることも暫しあります。専門家でもこの約40年ほどの進化についていけないのですから、専門外の人たちにとっては突然のように歯周病は命に関わる病気ですと言われても、“はいそうですか”と答えられるはずもありません。
私はこの本(1971.7.15第3刷)を再読して、当時のことを思い出しています。国家試験でこの本の通りに記述していたら合格になることは当たり前ですが、現在の試験でこの答えを書いた人々は果たしてどうなるのかが気になっています。しかし、この本は、その当時の日本の優秀な、歯周病の先生方が書いた本であることは間違いありません。この本には、歯槽膿漏の原因として、歯垢(プラーク)歯石、細菌感染とあり、その他8つの項目があります。その他外傷性咬合(噛み合わせ悪く、歯の周りの組織に障害が与えられる)という項目も見えます。

次は全身的原因として、ホルモン失調、ビタミン欠乏、慢性伝染病、ストレス等、などが加えられます。その他「歯周症」のところに(P6.) ―全身原因のあるものが作用して、歯周組織に非炎症性の病変を起こす歯槽膿漏症ということになっている。原因は、従って前述の全身原因のいずれかが、この場合は一次的に働くと考えられているが、作用機序はよくわからない場合が多い。

全身原因が一次的な原因だが、どうして歯周病が発症、進行するのかわからない、と言っていることになります。つまるところ当時の日本では歯槽膿漏の原因は、歯垢(プラーク)と歯石で、細菌も大きな要因だが、糖尿病があるとそれを加速させ、歯を揺さぶるような外力が加わることによるというわけです。どうにもわからないのが歯周症で、全身疾患が主たる原因であるが、本当のところ皆目見当がつかない、ということなのでしょう。

しかしながらこの本は、権威ある物として、通用していたことも事実なのです。現在でも、歯周病の治療となると、歯垢(プラーク)の除去、つまりプラーク・コントロールと歯石の除去、ブラッシングの徹底という判で押したような治療が行われています。これだけでも出来ればいいのですが、“様子を見ましょう”ということになると、何の治療も施さず極悪人の歯周病菌のやり放題になることは前述した通りです。

それはまた後でのことにしますが、この歯垢(プラーク)と歯石、横揺れを起こすような外力が悪である、と現在でもいうのは、少なくともこの本の中に記されている事柄を中心にその頃の通説に従った結果とも言えます。しかし冷静にみると、歯垢と歯石の除去とブラッシングは、私たちの学生の頃においては格段に進化した物の見方でありました。
「へぇ~ハブラシって治療器具なんだ」というのが驚きのもとで、歯の周りにつくプラークという何とも現代的な呼び名が加わって、一世を風靡したのです。それ以前の歯槽膿漏の治療はアメリカが中心で歯周外科といって、簡単に言うなら腫れあがった余分な歯肉を切り取ることでした。そういう中でプラーク・コントロールと、ブラッシングで歯槽膿漏が治るというわけですから、その驚きは大変なものだったのです。歯の周りを綺麗にする、という観念を持つことによって、恐ろしい歯槽膿漏から逃れられるとなれば、こんなに有難いことはありません。
我が国でもあちらこちらで歯のブラッシングが流行しました。確かに以前に比べると、遥かに人々の口の中は綺麗になって、効果の良好さに喜んだものだったのです。しかし、ブラッシングと、歯垢と歯石の除去にも限界がみえてきます。以前とは比較にならぬ程良いとはいっても、やはり歯槽膿漏の進行がある人もいて、更には歯周症と呼ばれる全身の病気が原因であるが、治療の方法がわからない(これは矛盾の極致ですが)ということがクローズ・アップされてくると、大分良くなってはきたが、どうしても進行が抑えられない歯槽膿漏のこともはっきりしてきたのです。実のところこの進行が止まらない歯槽膿漏こそが、重要なことだったのです。
突然の激痛が発生したり、その症状が治まると、今度は歯がグラグラする重症の歯槽膿漏の存在は、全身の病気によって起こることばかり言っていられなくなりました。この病には何かが関係していることは、ある程度想像できるのですが、その証拠が出ないのです。

1970年頃のスカンジナビア半島、スウェーデンの歯周学教室、はっきり言うと、イエテボリ大学歯学部で起こった学問が、新しい風を世界中に吹かせました。 この大学は、医学部もある為に、基礎研究もできますから、研究の成果を実証できるのです。微生物学、病理学等も加わって、世界の歯周病学の先端に躍り出たのは当然とも言えます。つまり、先に述べたように、スウェーデン、スイスを中心とした北欧の歯周病学が立ち上がったのです。残念ながら、日本の歯槽膿漏症は、世界では歯周病と呼ばれていましたし、歯槽膿漏症(歯の植わっている桶から膿が溢れだす)というかなり原始的な名称も、世界では歯周病(歯の周囲に起きる病)という明確な名称として通用していました。それはともかく、各国から出る歯周病に関する論文、成書などを紐解くと、どうも現実の歯周病の症状とは異なっている、ことがはっきりしてきました。ここからスカンジナビア学派の“なぜだろう、なぜかしら”が始まったのです。彼らの冷静な研究は、一歩一歩進化していきます。簡単に記すと、歯周病は細菌感染によるものであり、研究は歯の周囲の組織、つまり歯肉とか骨とかに加えて、免疫学の重要性などに関連していきます。精密な顕微鏡の発展、嫌気性菌の培養は欠くことが出来ませんでした。真犯人の確定が出来るようになって、状況証拠から物的証拠に変わったのです。
我が国の大学で使われていたあの本(1970年第3版)に書かれている、歯周病の真犯人もみつけることが出来たのです。特にこの歯周病を作りだす極悪歯周病菌の出す毒素の凄さは、我々の体を守る防衛軍の白血球を始め、悉くのバリアーを破壊していくのです。歯周病菌が歯槽膿漏という膿と血の混じった中に存在して、体の血液に運ばれていくのですから、心臓に、あるいは肺組織にとって害を加えるのは当たり前なのです。

歯周病学の世界では、そのことに触れてきたのですが、全身を診る内科の方ではそれほど関心がなかったことも、また事実なのです。しかし、彼らの分野でも原因不明の病気の存在は、かなり前から伝わっていたと言います。最近加速度的に注目され始めたのは、病気になった心臓や肺の組織から、歯周病菌が検出されていることが、多く報告されているからなのです。

歯周病菌というのは、日和見感染をする菌であると言います。この日和見というのは、(有利な方に付こうと)形勢を見ていて、すぐには態度を決めないことなので、状況を見て 有利な方に付こうする菌ということになります。
口の中には無数の細菌がいて、種類も多いので、細菌(少し正確に言うと微生物)はこういう形で生きているのでしょうが、彼らにしたところで栄養がなければ生きられません。彼らの活動に最も力を与え、人体に対し悪さをするのが糖分で、これを取り入れ毒素を出すのです。この毒素こそが歯肉に悪さをするのです。毒素を吸い込んだ歯肉は、炎症を引き起こします。赤く腫れあがった歯肉を抑えようとして、我々の体の防衛軍が出動しますが、この防衛軍、意外とだらしがなくて目標をゲットするまではいいのですが、自らも壊れてしまうのです。ここで出現する物質が顎の骨を壊すことになるのです。でもこんな組のものは、それ程怖くはないのですが、組長クラスになると、流石の貫録でひと睨みで体防衛軍の進行を止めてしまうのです。
この組長、出てくると同時に自分の周囲にバリヤーを築いて、(組のものを周囲に侍らせて)しまいますから、本丸に突っ込むことが出来ません。ですからこの組長に目をつけられたが最後、とことんダメージを受けることになります。歯周病全体の15%ほどはこの組長率いる歯周病なのですから、意外と軽くは見られないのです。残りの85%が、所謂普通の歯周病ということになりますが、初期の頃はいいとしても、中期位になると、組のものではあってもバカには出来ないのです。じわじわと歯周ポケット内に入り込んできます。
元来嫌気性菌(空気を嫌う菌)ですから、ポケットが深ければ深いほど、空気が薄くなるので、居心地がいいことになりますので、更に深部に入っていくのです。歯周病菌が深い所にいるということは、骨が溶けていることになりますので、注意しなければならない。強烈な勢いで骨の破壊を起こすのか、ある程度の年月をかけて骨の破壊を起こすのかの違いがあっても、どちらにしても顎の骨は溶けてなくなり、そこまでいく前に生命的危機が訪れるかもしれないことも、問題になっています。

昔から、歯槽膿漏と糖尿病の関係は何かにつけて語られてきました。糖尿病があると、それが大きな原因になって歯槽膿漏が悪化するとか、歯周症の大きな原因は糖尿病であるというのです。しかし歯周病菌の作用で原因不明の内科疾患があることがわかってきて、患部から歯周病菌の検出が出来るようになると、現在では歯周病菌が体内に入り込むから糖尿病がよくならない、と言われるようになってきました。長い間歯周病に関わってくると、このことは、笑えないというより、歯科医療の未成熟が起こした結論であるようにも思えます。