綾瀬の歯科医院なら小高歯科クリニック

hr

スタッフ

こんな症状でていませんか?

検査・診断を通して治療方法をご説明いたします30代以上の成人の80%は歯肉炎や歯周病などを罹患しているといわれています。
当医院では歯周病の治療ともに歯周病予防にも力を入れております。

  • 歯磨きをしたら血が出ている
  • 口の中がやけに粘つく
  • 歯がぐらついている
  • 歯が伸びたように感じる

このような症状が見られる場合は歯周病や初期の歯肉炎の可能性があります。
歯周病や歯肉炎は早めの治療が大切です。
気になるかたは是非ご相談ください。

歯周病の進み方

第1ステージ

第1ステージもともと、歯の周りには歯周ポケット(歯と歯ぐきのすきま)が存在します。
すきまが1mm~2mmくらいの深さだと、ハブラシでも食べかすなどが取り除ける範囲です。
この段階は病的なものではありませんが、食べかすなどが長く停滞すると、歯周炎・歯肉出血などをおこします。
この時点での症状 : 特に無し

第2ステージ

第2ステージ第1ステージの状態から歯みがきをおこたると、食べかす等がポケットに停滞して
歯周ポケットが深く(3mm~)なっていきます。
この時点での症状 : 歯ぐきから出血する、口臭がする、歯がむずがゆい

第3ステージ

第3ステージ第2ステージの状態からさらに放置すると、回りを支える骨がとけてきて、歯が動いていきます。 また、歯ぐきが下がり、根の部分が出てきて、歯が長くなったように見えます。
この時点での症状:歯がぐらつく、噛みにくくなった、すきっ歯になった

第4ステージ

第4ステージ第3ステージの状態からさらに進行すると、歯は限界です。
動くことにより痛みが生じ、抜歯が必要な状態となります。
この時点での症状:歯がぐらぐらして噛むと痛い、歯ぐきがはれた

▲上に戻る