月別アーカイブ: 2021年2月

冬と春の競演です

同じ患者様から12月にポインセチアを、そして今日白いチューリップ
をいただきました。
チューリップは新種だそうでふつうのチューリップの花びらとは
ちょっと違ってとても素敵です!
あと、このポインセチアがとってもしっかりしているんですよ!!
私の家でも11月あたりにポインセチアの鉢を置いていたのですが、
今はもう枯れてしまいました。
来院された患者さんのなかには「こちらはどうやって育てているのですか?」と質問されたくらいです。
いつまでも彩りよくあるといいと思うように、いつまでもしっかりとした
お口の中を維持できるようにしましょう!

今月の定期検診のお知らせ遅延について

毎月初旬に発送しております定期検診のご案内ですが、
ただ今印刷中ですので、発送までもう少々お時間がかかると
思われます。
該当される方は「届かない」と心配される声が時々こちらに
届きますのでこちらにお知らせいたします。
なお、これは毎月のことなのですが、定期検診のお知らせが
来ないからといって受診できないわけではありません。
あくまで「そろそろ定期検診の時期がきましたよ」という
お知らせなので、ご自身が覚えて下さっていましたら、ご都合の
良い日にちでご予約いただいてかまいません。
むしろ私たちとしましては「定期検診を受けたいと思ってくださっているんだ!」と嬉しい限りなのです。
逆に「お知らせがとどいてだいぶ経つから行けない・・・」という
方もお気になさらずいらしてください!

悪くなってからよりも悪くなる前に予防。
これが重要です。

 

歯ブラシの交換時期、大丈夫ですか?

毎月沢山の方が定期検診を受診しますが、歯肉の検査が終わった後、
悪化していた方はなぜ悪化したのかを話し合います。
私は可能性のあることを思いつく限り挙げているのですが、
「まさかこれはないかな」という思いで挙げる項目があります。
それは、「歯ブラシはどのくらいの日数で交換していますか?」
ということ。
「1ヶ月!」と返してくださるはずが、
「あ・・・えーっと・・・。」
と言葉を濁す方がちらほら。
1ヶ月で交換されない方はだいだい3ヶ月使っていたり、
何日で交換するという目安を立ててない方もいらっしゃいました。

いくら使用後洗って乾かすとはいえ、歯ブラシの根元に洗い損じた歯磨き剤が
残っていたり、乾燥するまでの間に雑菌が繁殖してしまいます。
歯ブラシは消耗品です。
今お使いの歯ブラシは何日使っていますか?

節分。入れ歯は大丈夫ですか?

今年の節分は124年ぶりに今日2月2日です。
実は3週間前くらいまで2月3日以外にないと思い込んでいました。

さて、節分と入れ歯。一体どういうことかといいますと、
基本的に節分の日に食べる豆といったら乾燥した大豆ですよね。
乾燥しているだけあって硬いです。
総義歯にもしくは総義歯に近い部分義歯をお使いの方は、
ちょっと召し上がるのは厳しいかもしれませんね。
固いおせんべいなどがお好きな方はお年の数だけ召し上がると
思うのですが、その噛み砕いた大豆が義歯の内部に入り込んで
しまうと、歯ぐきに当たって痛くなってしまいます。

それは歯ぐきがだんだん痩せてしまい、歯ぐきと義歯の間にすき間が
生まれてしまったことによるものなのです。

状態によっては作り直しが必要になりますが、そうでない時は
「リベース」といって、義歯内部に材料を流し、口の中で固め、
すき間を埋めて食べ物が内部に入りにくくしたり、義歯がカタカタ
動くのを防いでいきます。

義歯といえども定期的なチェックは大切です。
不具合な状態で使い続けてしまうと、顎が偏って痩せてしまったり、
残っている歯に負担をかけてしまうことで弱らせてしまいます。
入れ歯安定剤に頼りきってしまうのも良くありません。

痛くなくても悪くなっている時があります。
是非拝見させてください。

緊急事態宣言中の診療時間について

現在当院では緊急事態宣言にともなうスタッフの感染予防対策として、
2月5日(金)まで午後の診療時間を予約状況によって5時から6時にて終了させていただいております。
午前の診療と土曜日は通常通りです。

なお、現時点では東京都は緊急事態宣言の期間が延長される見通しということ
ですので、引き続き診療時間の短縮を行う予定です。
何か変更等ありましたらこちらにてお知らせをいたします。